建設大手の照正組の社長に専務の照屋圭太氏(41)が昇格し12日までに就任した。社長の照屋義実氏(70)は会長に就任した。どちらも代表権を持つ。6月の取締役会で正式決定し、今月1日付。 圭太氏は1976年、与那原町出身。京都建築大学校卒業後、98年に照正組入社。2017年から専務。