名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸で12日、台風8号の接近に伴い、護岸に設置していた根固め袋材を回収する作業が続いた。 台風対策のため護岸付近のフロートや汚濁防止膜が撤去されているため、護岸に石材を投下するなどの造成作業はなかった。