2017年の就業構造基本調査では、沖縄県内の役員を除く雇用者に占める「派遣社員」、「契約社員」、「嘱託」、「パート・アルバイト」などの非正規雇用者の割合は43・1%で、若年層では44・4%といずれも全国で最も高かった。