調査は目視で実施されたとのことだが、ブロック塀の強度に大きく関わる鉄筋が内部に使用されているかどうかは、目視では分からない。倒壊を防ぐには、鉄筋はとても重要。今回の調査で危険箇所が認められなかった学校も安全と判断せず、探査機器を使って鉄筋の有無を確認してほしい。