全国でレストランやホテルを展開する「ひらまつ」(東京都、陣内孝也社長)は14日、宜野座村松田のビーチ沿いにヴィラタイプの滞在型リゾートホテル「THE HIRAMATSU HOTELS&RESORTS 宜野座」(全19室)をオープンした。陣内社長は「土地の自然や文化を感じつつ、おいしい食事を楽しむ。何もしない贅沢(ぜいたく)がここにある」と話し、アピールした。

プール付きヴィラの外観(ひらまつ提供)

 全室オーシャンビュー、ジャグジー完備で、うち2室はプールもある。部屋の広さは53~93平方メートルの5タイプ。敷地内のレストランでは世界中の最高級食材に加え、村で採れる野菜や果物、県産豚肉や牛肉を使った季節ごとの料理を提供する。秋からは宿泊客以外のレストラン利用も予定している。宿泊料金は夕・朝食付、2人利用で1室当たり10万2千円から。

 陣内社長は「海から吹く風と豊かな海、手付かずの自然に引きつけられる。朝日やムーンロードも楽しめる」と話し、「西海岸とは異なる魅力を発信していく」と述べた。

 同社の直営ホテルとしては三重県志摩市の賢島、静岡県熱海市の熱海、神奈川県箱根町の仙石原に次いで4軒目。