那覇市の第一牧志公設市場の再整備に伴う市場施設3面に架かるアーケードの対応に関する第2回説明会が13日、商人塾であった。那覇市側はアーケードの撤去費用を市が負担し、アーケード3面分の残存価値として約2500万円を補償する考えを説明。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。