西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛3県で、14日からの3連休中のボランティア参加者が少なくとも約3万2千人に上ったことが16日、各県の社会福祉協議会への取材で分かった。各県とも1日当たり約2千人と想定しており、3日間で1万8千人以上と見込まれたが、大きく上回った。

 作業の合間、首元を冷やすボランティア=16日午前、岡山県倉敷市真備町地区

 各県に複数設置された災害ボランティアセンターに登録し、実際に活動した人数を社会福祉協議会が集計した。県別では岡山県が約1万2千人、広島県が約1万4千人、愛媛県が約6千人。(共同通信)