10月21日投開票の那覇市長選に向けて、那覇市議会与党会派のニライ(金城眞德会長)、日本共産党会派(古堅茂治団長)は17日、那覇市内で現職の城間幹子氏(67)に2期目の出馬を要請した。城間氏は「まだ(任期4年間の)まとめの時期。重く受け止め、今後熟慮していきたい。後押しは大変ありがたい」と述べた。

市議会与党会派「ニライ」の金城眞徳会長(右)と「日本共産党」の古堅茂治団長(左)らから出馬要請を受けた城間幹子氏=17日、那覇市前島、沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

 両会派は城間市政が政策の「一丁目一番地」に掲げた待機児童問題への取り組みなど4年間の実績を評価。金城会長は「市長選に早々に取り組まないといけない。会派ニライも一生懸命頑張り、後押しするので、ぜひ出馬していただきたい」と要請した。古堅団長は「女性、母親、市民の目線で、きめ細かく温かい優しい市政運営を行い、多くの実績を上げている。元気ある那覇市づくりに全力で取り組めるのは城間市長のほかにいない」と語った。