【名護】名護市辺野古の新基地建設現場付近の海底で12日、藻場が長さ約20メートル、幅約40センチにわたって削られている場所が見つかった。基地建設に反対する市民が潜水して写真を撮影。沖縄防衛局が設置した「鉄板アンカー」が台風8号の影響で引きずられたのが原因だとみて批判した。