診療報酬請求権を債券化した金融商品(レセプト債)の発行会社が破綻した問題で、十分な審査を行わないまま同商品を販売したとして、県内在住の男女4人がおきなわ証券(現・おきぎん証券)に計9700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、那覇地裁であった。