【沖縄】戦後沖縄の芸能を支えた故照屋林助さんら先人の功績をたたえる第8回コザ・てるりん祭(主催・同実行委員会)が17日、市中央のパークアベニューで開かれた。

多くの歌手のステージで盛り上がったコザ・てるりん祭=17日、市中央パークアベニュー

 通りに設置したステージには、ティンクティンクや新良幸人さん、知名定男さん、りんけんバンドなど多数の歌手が出演。約8時間にわたって、民謡や島唄、三線、トークなどが繰り広げられ、大勢の観客でにぎわった。

 同祭は2009年にスタート。知名定繁さん、嘉手苅林昌さん、登川誠仁さん、前川守康さんらの功績を継承することも目的で、林助さんの次男・林次郎さんが実行委員長を務める。

 玉城満さん、藤木勇人さんらが司会を務め、トークでも盛り上げた。りんけんバンドのステージでは、アンコールに応えて「乾杯さびら」「ありがとう」を披露。リズミカルな曲に合わせて、観客らは立ち上がって一緒にカチャーシーを躍り盛り上がった。

 会場では、熊本地震への緊急支援募金も呼び掛けた。