指笛の継承を目指す市民団体「指笛王国おきなわ」のメンバーになって13年。団体の最高齢で、副国王の肩書で活躍する。 小さい頃から慣れ親み、得意だった指笛を生かしてさまざまな曲を仲間と吹けることがやりがい。「イベントに出てたくさんの人と交流すると、楽しくて元気になれる」と笑顔で語った。(浦添)。