【うるま】県議会子どもの未来応援特別委員会(仲村未央委員長)の委員らは3日、市役所や市内の児童館などを訪れ、子どもの貧困対策に取り組む市の現状を視察した。 市役所では上間秀二副市長が、貧困の連鎖を解消するため「若年層の就業促進や所得向上に向けた教育支援」の施策に重点を置いていると強調。