1944年秋。高雄州の奥、大寮庄。パラオから台湾の高雄港にたどり着いた宮平ヨシ子さん(82)=那覇市=と弟の上原和彦さん(80)=南城市=ら家族6人がいた。数十人の疎開者とともに再疎開した。台湾到着後に入居した家が1カ月もせず台風で吹き飛ばされたためだ。