沖縄県は20日、今年10月に開催する第6回世界のウチナーンチュ大会のPRのため翁長雄志知事が5月9日から10日間、訪米すると発表した。知事を団長とする「北米キャラバン隊」は、県系人が多く暮らす米ハワイやロサンゼルスなど4都市を巡り、県人会との交流を通して大会への参加を呼び掛ける。

翁長雄志知事

 期間中、米ワシントンとカナダのバンクーバーも訪問する。

 ハワイでは祖父母が県出身のデービッド・イゲ州知事と会談するほか、各地でラジオなどにも出演し周知を図る。4都市で県人会との交流会を開き、県人会活動継承に向けた取り組みなどに関して意見交換する。

 また、ワシントンでは名護市辺野古の新基地建設に反対する沖縄の考えを伝えるため、米政府高官との会談を検討しており、日程を調整している。