国立沖縄工業高等専門学校の平良淳誠教授の研究室がこのほど、サンゴの一斉産卵にドーパミンやアドレナリンなどの神経伝達物質が影響していることを確認した。サンゴの神経伝達物質の検出方法を初めて確立。謎が多い一斉産卵の要因解明や、産卵時期の予測につながる可能性があるという。