沖縄芝居役者の嘉陽田朝裕の特別公演が6日、那覇市のパレット市民劇場であり、血がつながらない父と娘の絆を描いた「昔子守節(んかしくゎむやーぶし)」(玉城敏彦作、嘉陽田演出)を上演した。せりふの合間から、けなげな男の半生がにじみ出るようで、満員の会場から涙を誘う舞台となった。