歯磨き粉やペットボトルなどのごみが発生源となる微細なプラスチック「マイクロプラスチック」が、サンゴの成長を阻害する恐れがあることが、東京経済大学の大久保奈弥准教授らグループの研究で分かった。