【名護】米軍キャンプ・シュワブの第1ゲート前では21日午前、名護市辺野古の新基地建設に反対する市民ら約100人が集まり抗議活動を行っている。ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は「(裁判上の)和解により現在残っているのは翁長雄志知事による埋め立て承認取り消しだけだ」と指摘し、海上に設定された臨時制限区域撤廃を否定した若宮健嗣防衛副大臣の発言を批判した。

海上の作業台船などの撤去を求め米軍キャンプ・シュワブゲート前でデモ行進する市民ら=21日、名護市辺野古

 キャンプ・シュワブ沖の海上でも市民らが抗議船やカヌーを出し作業が行われていないか監視している。