英国人ジャーナリストで本紙特約通信員のジョン・ミッチェル氏が、新著「追跡 日米地位協定と基地公害-『太平洋のゴミ捨て場』と呼ばれて」(岩波書店)を刊行した。情報公開請求と内部告発者への取材で米軍による深刻な環境汚染を体系的に明らかにし、「この惑星で一番の汚染者」と批判している。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。