自民、公明両党幹事長は18日、東京都内で会談し、古屋圭司衆院議院運営委員長が政治資金パーティー収入を政治資金収支報告書に過少記載したとの一部報道を巡り、古屋氏自らが説明責任を果たすべきだとの認識で一致した。(共同通信)