沖縄防衛局は17日、名護市辺野古の新基地建設のため県に申請していた希少なサンゴの「オキナワハマサンゴ」9群体の移植のための特別採捕許可が認められたことを報道発表した。移植後に生物による食害を防ぐための籠を設置し、設置から14日以内に移植作業を実施する。