参院定数を「6増」する公選法改正案が、衆院の特別委員会で自民、公明両党の賛成多数で可決された。 野党の強い反対と抗議の中、与党は採決を強行。民主主義の土台である選挙制度までも「数の力」で押し切るという振る舞いは、横暴極まりない。