県ホテル協会(當山智士会長)は次世代のホテル経営を担う人材を育成する事業を9月から始める。ホテルの収益向上をメインテーマに県内外で研修する。17日、那覇市のてんぶす那覇で開かれた会見で當山会長は「収益向上は社員の待遇改善や、ホテル経営の底上げにつながる」と参加を呼び掛けた。