子どもの貧困問題で「自分にできること」とは―。第534回沖縄大学土曜教養講座は、一般社団法人ライフデザイン・ラボの白水崇真子代表理事を講師に迎え、「貧困の連鎖を断ち切る~子どもの進路保障のために、今、できること」を実施する。本館同窓会館で、23日午後2時~4時45分。後半は講座参加者とワークショップを開く。

 白水氏は2011年に大阪府豊中市で生活困窮者の支援に携わり「豊中モデル」をつくった一人であり、15年には大阪府四条畷市で子ども貧困対策プランに参画するなど、若者や女性、生活困窮者支援の現場で活動している。

 聴講料は300円。問い合わせは沖縄大学地域研究所、電話098(832)5599