【リオデジャネイロ共同】日本人の移住110周年の記念式典などに出席するためブラジルを訪問中の秋篠宮家の長女眞子さまは18日午後(日本時間19日午前)、リオデジャネイロで日系人らの歓迎行事に出席し「両国の懸け橋となってきた努力に心より敬意を表します」とあいさつされた。

 ブラジルを訪問し、歓迎行事で歓談される秋篠宮家の長女眞子さま=18日、リオデジャネイロ(共同)

 歓迎行事に先立ち、リオデジャネイロ植物園で日本庭園を見学。コルコバードの丘も訪れ、巨大なキリスト像やリオの街を眺めた眞子さまは、案内した地元の司祭に「コパカバーナ海岸はどこですか」と尋ねていた。

 歓迎行事では、現地の日本人学校の子どもたちが沖縄の伝統芸能「エイサー」を披露した。(共同通信)