航空自衛隊那覇基地所属のE2C早期警戒機のタイヤがパンクし、那覇空港の滑走路が閉鎖された事故を受け、県の池田竹州知事公室長は18日、那覇基地司令の稲月秀正空将補を県庁に呼び、再発防止などを求める要請書を手渡した。 稲月氏は事故に謝罪した上で、パイロットから聞き取った事故原因を説明した。