○…社民党県連の第25回定期大会であいさつした照屋大河県議(社民・社大・結、うるま市区)。前回の衆院選で獲得議席が2議席にとどまり、党存続の「崖っぷち」だが、過重な基地負担を強いられている沖縄で「社会民主主義を掲げる党として闘う社民党であり続ける」と決意を述べた。