建築物の高さ制限緩和などを盛り込んだ石垣市の景観地区変更を巡り、中山義隆市長の意向で変更手続きが「一時保留」とされた観音堂地区で、変更中止を求める住民の動きが本格化している。5月末に発足した観音堂地区自治会(比屋根健会長)は住民意見を集約し、今月中にも要望書を市長に提出する方針だ。