【名護】青少年の深夜はいかいや未成年者飲酒、いじめの防止などを目指す名護市民大会が11日、市民会館であった。市内の小中高生や行政、教育、福祉関係者ら約400人が非行やいじめ、暴力をなくし、スマホやインターネットを安全に利用するなどとした大会宣言を読み上げ、自ら考えて行動することを誓った。