沖縄気象台によると、台風10号は今後発達して暴風域を伴いながら、21日朝から昼前に沖縄本島地方へかなり接近する見込みだ。大東島地方でも20日夜に接近し、強風が吹く見込み。今後の進路によっては、大東島地方も暴風域に入る可能性がある。また、宮古島地方も暴風になる恐れがある。

19日正午現在の台風10号の進路予想図(気象庁HP)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風10号(19日、午後3時40分)

19日正午現在の台風10号の進路予想図(気象庁HP) ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風10号(19日、午後3時40分)

 台風10号は19日正午現在、日本の南にあり、時速15キロで北東に進んでいる。中心気圧は994ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。南側440キロ以内と北側280キロ以内は風速15メートル以上の強風域になっている。

 21日午前9時には那覇市の西北西約50キロにあり、時速25キロで北西に進む見込み。中心気圧975ヘクトパスカルに発達し、中心付近の最大風速30メートル、最大瞬間風速は45メートル、中心から半径310キロが暴風警戒域と予想されている。