防衛省沖縄防衛局は19日、沖縄県の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設工事で、8月17日にも初の土砂投入を予定する海域を護岸の一部で囲い込む作業を完了した。本格的な埋め立てとなる土砂投入の準備が整った。(共同通信)