沖縄県文化観光スポーツ部が31日発表した2015年度「外国人観光客実態調査の概要報告(速報値)」によると、1人当たりの消費額は前年度比1251円(1・2%)増の10万7302円。国籍・地域別にみると中国がトップで14万9820円だった。中国は12年度12万5181円、13年度15万2531円、14年度15万5191円と増加を続けてきたが、今回初めて減少に転じた。

1人当たりの消費額(国籍・地域別)

 県は、中国人観光客の客層が広がったことや、旅行の楽しみ方がショッピング以外にも多様化したことが背景にあると推測している。

 消費額の2位は香港の14万3632円(前年比1万1354円増)、3位は台湾の9万1151円(同2074円増)だった。

 消費額の内訳をみると、中国は「土産買い物費」が6万1866円と突出。「宿泊費」4万514円、「飲食費」2万5263円が続いた。香港は「宿泊費」が3万8593円、「飲食費」が3万6644円、「土産買い物費」が3万6343円だった。

 外国客が沖縄で購入した物(複数回答)は、菓子類が71・3%、医薬品が49・0%、その他食料・飲料が45・2%で、ほぼ例年通りの傾向。買い物場所は国際通りが8割を占め、台湾と中国はドラッグストアの訪問率が高かった。

 同調査では、県外へ出発する外国人を対象に那覇空港で4回、新石垣空港で2回、計2398票の調査票を集めて分析した。

 一方、修学旅行生を除く国内観光客を対象にした「観光統計実態調査の概要報告(速報値)」では、1人当たりの消費額は7万4080円で前年比1467円(2・0%)増。格安航空会社(LCC)と従来の航空会社の利用者で約2割(1万4087円)の差が出た。

 消費額の内訳を前年度比でみると、「娯楽・入場費」が9%増、「土産買い物費」が4・6%増、「宿泊費」が4・1%増だった一方、交通費は4・8%減。県は、離島への直行便が増え、県内便の利用が減ったことが一因とみている。

 旅行の満足度は、56・5%が「大変満足」、39・3%が「やや満足」と回答。「大変満足」の内訳をみると、「海の美しさ」が68・0%に達した一方、「土産品」は32・5%にとどまった。