台風10号(アンピル)は20日午前3時現在、南大東島の南約360キロにあり、20日昼前から大東島地方を強風域に巻き込み、同日夜に最接近する見込みだ。発達しながら21日朝から昼前には暴風域を伴って沖縄本島地方を直撃する見通し。今後の進路によっては大東島、宮古島地方も暴風域に入る可能性がある。沖縄気象台は強風や暴風、高波に警戒を呼び掛けている。

台風10号の予想接近時間

20日午前3時現在の台風10号の進路予想図(気象庁HPから)

20日午前6時現在の台風10号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから)

台風10号の予想接近時間 20日午前3時現在の台風10号の進路予想図(気象庁HPから) 20日午前6時現在の台風10号(NICTひまわり8号リアルタイムwebから)

 台風10号は20日午前3時現在、時速20キロで北北西に進んでいる。中心気圧985ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。東側500キロ以内と西側330キロ以内は風速15メートルの強風域になっている。

 20日午前9時には南大東島の南約270キロにあり、最大風速23メートル、最大瞬間風速は35メートルと予想される。

 20日午後9時には南大東島の南西約100キロにあり、時速20キロで北西に進む見込み。中心気圧980ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速30メートル、最大瞬間風速は40メートル、中心から半径200キロが暴風警戒域と予想されている。

 台風10号は中心付近と東から南側にかけて発達した雨雲があるのが特徴。21日の沖縄本島地方は大雨となるおそれがある。同地方は21日の24時間で100~200ミリの雨が降ると予想されている。

 大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾らんに警戒、注意を。また、落雷や竜巻などの激しい突風に注意。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保を。