沖縄総合事務局は8月から、インバウンド客に土産として農水産物を買ってもらうため、検疫代行運搬サービスの実証調査を始める。インバウンド客が土産店や量販店で、水産物や青果などを購入すると、帰りの空港などの指定場所まで検疫を代行した状態で運搬し、商品を受け取れるサービス。