20日は土用丑(うし)の日。那覇市おもろまちの彦本店では19日、通常の10倍となる千食分のウナギを仕入れ、午前中から8人の料理人らが仕込みに追われた。さばいたウナギは串打ちし、甘い匂いを漂わせたたれに付けた後、職人がじっくり焼き上げていた。

「土用丑の日」で大忙しの調理場=19日、那覇市おもろまち・彦本店(金城健太撮影)

 料理長の与儀実克さん(52)のお薦めは、うなぎを丸ごと1匹使ったうな丼。さんしょうを振りかけるとよりおいしさが際立つという。「ことしは不漁ながらも身がふっくらしたウナギを厳選した。暑い夏を乗り切ってほしい」と話した。