沖縄気象台によると台風10号(アンピル)は発達しながら沖縄本島地方に進み、早ければ21日午前0時にも暴風域に入り、正午ごろに抜ける見込み。本島地方は20日午後からは雲に覆われ、21日午前6時までの24時間雨量は、多いところで100ミリを予想している。 

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風10号(20日、午前10時50分)

20日午前9時現在の台風10号の進路予想図(気象庁HP)

ひまわり8号リアルタイムwebがとらえた台風10号(20日、午前10時50分) 20日午前9時現在の台風10号の進路予想図(気象庁HP)

 台風10号は20日午前9時現在、南大東島の南約340キロにあり、時速20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は985ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。東側500キロ以内と西側330キロ以内は風速15メートルの強風域になっている。 

 21日午前9時には那覇市の北北西約100キロにあり、中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速30メートル、最大瞬間風速は45メートルと予想される。 

 沖縄気象台は「高潮が満潮時と重なる恐れがあるため、海に近づかず、風も強くなるため外出を控えてほしい」と注意を呼び掛けている。【沖縄タイムス+プラス編集部】