翁長雄志知事が「法的な観点から慎重に検討している」と繰り返してきた名護市辺野古の埋め立て承認撤回に踏み切るのは、「機が熟した」というより、沖縄防衛局が埋め立て土砂を投入する目前の「駆け込み」の意味合いが強い。