子育て支援事業大手のJPホールディングス(東京都)は、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、9月1日、那覇市と沖縄市に保育園を開園する。 同事業では、社員に利用させたい事業所が拠出金を負担する「従業員枠」と、入園を希望する地域住民の「地域枠」で定員を半分ずつに分ける。