(1)削蹄師(さくていし) 蹄は「ひづめ」、削は「けずる」ことだね。ひづめは牛(うし)の巨体(きょたい)を支(ささ)えるための重要(じゅうよう)な役割(やくわり)を果(は)たしていて、ひづめを整(ととの)えることで姿勢(しせい)が楽(らく)になるんだ。