組踊を現代風にアレンジした劇「玉津の恋〜組踊『手水の縁』より〜」が22〜25日、那覇市のひめゆりピースホールである。恋を描いた組踊「手水の縁」(平敷屋朝敏作)をモチーフに洋楽器の伴奏、標準語のせりふなどを交えて構成。物語を分かりやすく演出している。