現代新舞踊寿々波流(寿々波栄子家元)の沖縄支部がこのほど発足した。初代支部長となった寿々波錦扇(あやせん)は「伝統ある流派の一員として使命感を持って励みたい」と抱負を語った。 同流派六つ目の支部として4月に発足。今後は福井支部の舞台に参加するなど、本番を重ねながら技芸を磨いていく。