ジュゴン保護キャンペーンセンターの吉川秀樹さんは、つながった護岸周辺はジュゴンの食み跡が確認され海草が豊富な場所だとして「防衛局は、藻場の移植などこれまで示してきた保全措置をほごにして工事を進めた。怒りを禁じ得ない」と憤った。