台風10号は20日午後、南大東島の南の海上を時速15キロで北西へ進んでいる。沖縄本島地方には21日朝から昼前にかなり接近し、未明から暴風となる見込み。同地方には波浪警報も出ている。暴風警報は20日夜遅くに発表する予定。

台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

 沖縄本島地方では21日は非常に激しい雨が降る見込み。沖縄気象台は土砂災害や低い土地での浸水、河川の増水に注意、警戒するよう呼び掛けている。

 台風は20日午後4時には南大東島の南南西約300キロの北緯23度10分、東経130度25分にあって、時速15キロで北西へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の東側500キロ以内と西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 21日は沖縄本島地方では明け方から暴風となり、東のち南の風が猛烈に吹く見込み。また、大東島地方では南東の風が非常に強く吹き、先島諸島では北西のち西の風が強く吹くことが予想される。

 台風の進路や発達の程度によっては、20日に大東島地方が暴風となる恐れもある。

 20日午前11時56分、北大東村で最大瞬間風速26・2メートルを観測した。