台風10号の影響で空の便では欠航が続いている。21日の欠航が決まっているのは、スカイマーク(SKY)で那覇と羽田などを結ぶ計12便が欠航、1399人に影響が出る。

那覇空港(資料写真)

 日本航空(JAL)では那覇と羽田を結ぶ1便が欠航、143人に影響する。日本トランスオーシャン航空(JTA)は10便欠航で1102人、琉球エアーコミューター(RAC)は10便欠航で288人に影響する。

 20日は全日空(ANA)の那覇と羽田を結ぶ2便が欠航し、計約500人に影響が出ている。