安倍晋三首相は21日、西日本豪雨で大きな被害に遭った広島県を訪問し、被災状況を視察する。避難所を訪れて被災者を激励するほか、土砂崩れで犠牲者が出た現場を地上や自衛隊のヘリコプターから確認。湯崎英彦知事らと意見交換し、早期復旧に向けた国への要望を聴取する。

 首相が豪雨の被災地を視察するのは岡山、愛媛に続き3県目。当初は15日に計画していたが、股関節に痛みが出たため日程を再調整していた。(共同通信)