台風10号は20日午後、沖縄の南を北西に進んでいる。沖縄本島地方は21日朝から暴風となり、昼前にかけてかなり接近する見込み。暴風警報は21日未明に発表する見通しで、沖縄気象台は厳重な警戒を呼び掛けている。

台風10号の進路予想図(気象庁HPより)

 沖縄本島地方では20日夜遅くから21日未明にかけて潮位が高くなる見込み。また落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意する必要がある。

 台風は、20日午後10時には那覇市の南東約280キロの北緯24度35分、東経129度50分にあって、時速20キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル。最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで中心の東側500キロ以内と西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 21日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、本島中南部と北部で30メートル(45メートル)、久米島で28メートル(40メートル)。

 沖縄本島地方では、21日昼前から昼過ぎにかけて、多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒が必要だ。