台風10号は20日午後10時現在、那覇市の南東約280キロにあり、時速20キロで北北西に進んでいる。沖縄本島地方は21日朝までに暴風域に入り、昼すぎに抜ける見込み。沖縄本島には朝に、久米島には昼前に最接近する見通し。暴風域を抜けた後も強風や強い雨が予想され、沖縄気象台は警戒を呼び掛けている。

台風の接近に備えて工事現場のネットをロープで固定する作業員=20日午後、那覇市旭町

台風の接近に備えて工事現場のネットをロープで固定する作業員=20日午後、那覇市旭町

台風の接近に備えて工事現場のネットをロープで固定する作業員=20日午後、那覇市旭町 台風の接近に備えて工事現場のネットをロープで固定する作業員=20日午後、那覇市旭町

最大瞬間風速40メートル

 台風は発達しながら沖縄本島地方に接近し、21日午前9時には名護市付近にある。中心気圧980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心から半径170キロが暴風警戒域になっている予想だ。

 21日は朝から昼すぎにかけて暴風が吹き、海上ではうねりを伴って大しけとなる。雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがある。21日の24時間で、多いところで200ミリの雨が降る見込み。県内では27市町村45カ所で避難所が設置され、20日午後9時半現在、69世帯76人が避難している。

バス・モノレール始発運休

 県バス協会によると、21日は路線バスを始発から午後1時まで運休する。その後の運行は午前中に決定する。沖縄都市モノレールも始発から運休する。台風の状況をみて運行再開を判断する。

 沖縄地方に接近する台風は今月3個目で、週末の接近は2回目。観光業界では航空便の欠航やホテルの宿泊キャンセルなどが相次ぎ、観光地でも来場者が減少。農業や漁業、土木業の工事関係者も繰り返し手間と時間がかかる台風対策に追われるなど、影響が出ている。