5日投開票の沖縄県議選は、無投票だった名護市区(定数2)の当選者を含め71人が立候補を届け出た。定数48議席を巡り与党系37人、野党系22人、中立系12人が争い、与党が過半数を維持できるかに最大の関心が集まる。