気象庁によると台風10号は21日午前5時現在、那覇市の東南東約120キロの北緯25度55分、東経128度55分にあって、時速約25キロで北北西に進んでいる。沖縄本島地方と大東島地方には暴風・波浪警報が発表されている。

気象衛星がとらえた台風10号(気象庁HPから)

21日午前5時現在の台風10号の進路予想図(気象庁HPから)

気象衛星がとらえた台風10号(気象庁HPから) 21日午前5時現在の台風10号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風の中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心の北東側500キロ以内と南西側330キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。北大東空港で21日午前1時3分に31.4メートル、伊是名村で午前4時4分に24.8メートルの最大瞬間風速をそれぞれ観測している。 

 台風は勢力を保ったまま北北西に進み、21日朝から昼前にかけて沖縄本島地方にかなり接近し、暴風となる見込み。予想される最大風速(最大瞬間風速)は本島地方25メートル(35メートル)大東島地方25メートル(35メートル)先島諸島15メートル(25メートル)。

 沖縄地方の沿岸の海域ではうねりを伴い、本島地方と大東島地方は大しけ、先島諸島ではしけている。うねりを伴った高波に警戒を。

 本島地方は21日昼前から昼過ぎにかけて、多い所で1時間に50ミリの非常に激しい雨が降る見込み。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒が必要。22日午前6時までの24時間に予想される雨量は、沖縄本島地方で200ミリと予想されている。

 本島地方と大東島地方では、21日は積乱雲が発達し、落雷や竜巻などの激しい突風による被害の起こるおそれがあるため、屋外活動などには注意が必要。